【通販あり!】ステーキやすき焼き肉を買うなら絶対にここ!安く神戸牛(?)を買える肉屋さん

PR

こんにちは、こえじまです。

先日私の誕生日祝いに、とある肉屋でステーキ肉(ロース)を注文しました。

お肉がとろけそうなほど柔らかく、最高に美味しいのにお値段はお手頃。

今回はそんなお肉屋さんをご紹介します。

肉惣菜の匠 やまがき

やまがきは兵庫県神戸市北区に本店がある肉屋さんです。

神戸市近辺では肉屋だけでなく、弁当屋、焼肉屋も展開しています。

肉惣菜の匠やまがき-株式会社山垣畜産

公式ページには以下の通り記載があります。

やまがきは兵庫県の六甲山のふもとで黒毛和牛牧場を直営する会社。
厳選された仔牛を豊かな六甲の緑と水で手間をかけてじっくり育て上げます。
本社冷蔵庫で保存・熟成された肉は、職人の目で一番おいしいタイミングを見極め、丁寧に仕分けされそのまま店頭で直売されます。の全てに職人の目や手がかかっているから新鮮さ、おいしさが違うと各方面から評判をいただいています。

肉惣菜の匠やまがき-株式会社山垣畜産

そのとおり、おいしさが全然違います。

ステーキ肉、すき焼き肉ともにスーパーで売っている高い肉よりも断然美味しいです。

取り扱っているのは神戸牛?

公式ホームページには神戸牛とは書かれていませんが、私個人としては勝手にこれが神戸牛だと思っています。

神戸牛の定義は、但馬牛でかつ、純兵庫県産、その他諸条件を満たしているものとされています。(出典:神戸牛とは?但馬牛との違いは?その旨さの秘密を解説|神戸牛専門店 吉祥吉

やまがきで取り扱っているお肉は、祖父によると三田牛(さんだぎゅう)だそうです。(昔の話なので本当かどうかは分かりませんが。)

三田牛は、神戸牛よりも厳しい条件を満たさないと名乗ることが許されないブランド牛であり、神戸牛の元祖とも呼ばれています。

三田牛が神戸ビーフに埋没されないよう、1986年に三田肉流通振興協議会が設立されました。
厳しい基準を設け、協議会の基準を合格しなければ三田牛と呼ぶことは叶いません。素牛は但馬牛とし、三田市内生産者および指定生産者で長期間飼育されることが条件にあります。

三田牛とは – 美味しい食材発見!

神戸牛や三田牛として売ってしまうと売値が高くなってしまうからあえてそうしてないとかいう噂を祖父から聞いたことがありますが、これも本当なのかどうかは分かりません。

どちらにせよ美味しいものは美味しいので、私個人としてはあまり気にしておらず、神戸牛なんだと勝手に思い込んでいます。(笑)

ロース肉

今回はステーキ肉として以下の2つを注文しました。

  • 特選ロースステーキ(1枚約200g) ¥2,200(税込)
  • 上ロースステーキ(1枚約200g) ¥1,860(税込)

送料が1,000円で合計5,060円。決して安くはないけど美味しいステーキ肉が食べれるなら・・・。

届いたのがこちら。(ヤマトで届きました)

配送は冷蔵か冷凍か選べますが、今回は冷蔵にしてもらいました。

家用でしたが誕生日祝いの「のし」をつけてもらいました。

なぜか2つとも特選と書いてありますが、シールを間違えて貼っているだけでしょう。

そしてお肉がこちら!

それぞれの肉をアップしてみました!

サシの入り方から、特選シールが貼ってない方(上の写真)が特選ロースで、特選シールが貼っていない方(下の写真)が上ロースかな?(ややこしい・・・)

常温に戻し、焼いていきます。

良い感じに焼けました!

お皿に盛り付けるとこんな感じ。めちゃくちゃきれいじゃないですか?(これは特選の方です。)

写真が下手くそなので微妙かもしれませんが、本当に柔らかくて口の中でとろけます。書いている今もよだれが出てきてます。

特選ロースステーキはとろけるほど美味しいのですが、段々と脂(あぶら)がキツくなってきます。

昔運動部に所属している高校男児だったときですら、300gの特選ロースステーキを食べるのはキツくて辛かったので、大人であれば上ロースの200gで十分だと思います。

何人かで食べるのなら、1つだけ特選にするとかもありですね。

すき焼き肉

やまがきにはすき焼き肉もあって、個人的にはステーキ肉よりもすきやき肉の方がオススメです。

良いお肉でみんなですき焼きパーティとか最高ですよ!

この写真は、すきやき用 (830円/100g)を600g分と、すきやき用 (630円/100g)を600g分で、男性4人、女性2人でちょうどよいくらいの分量です。

もうね、肉がつやっつや。

1,000円/100gのものも頼んだことがありますが、ステーキ同様でだんだんと脂がキツくなってくるので、何度かやった結果830円と630円のものに落ち着きました。

霜降りが苦手な方には霜降りと赤身とうで肉を良い感じに混ぜた特選セットというものもあります。

60歳手前の人たちでもパクパクと食べれていたので、こちらもオススメです!

まとめ

普段だと高くて少し手が出ませんが、何かのお祝いの日に「やまがき」のお肉はいかがですか?

やまがきのお肉は甘いんです。なんと表現していいか分かりませんが、砂糖とかとは違う甘みがあるんです。

ぜひ味わってみてください!

PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。