[Qwiklabs]Google Cloudの基本スキル:チャレンジラボ

PR

こんにちは、こえじまです。

GCPのProfessional Cloud Architect受験に向け、Qwiklabsのハンズオンを勉強中です。

今回はGoogle Cloudの基本スキル:チャレンジラボ(GSP101)の解説をします。

シナリオ(抜粋)

パブリッククラウドにサイトをデプロイしてください。

この演習では、Apache ウェブサーバーを使用します。

今回はVMをデプロイし、Apacheをインストールするだけです。

では、やっていきましょう。


Task1. Linux VMインスタンスの作成 & Task2. VMインスタンスへの公開アクセスの有効化

ナビゲーションメニューのCompute Engine > VM Instancesを選択し、画面中部のCreateをクリック。

インスタンスの作成

以下を設定し、画面最下部のCreateをクリックします。

  • Name: apache
  • Region: us-central1
  • Zone: us-central1-a
  • Firewall: Allow HTTP trafficにチェック
Zoneの設定
Firewallの設定

Task3. 基本的なApacheウェブサーバーの実行

インスタンスがデプロイされたら、画面右側にあるSSHボタンをクリックして、SSHログインします。

SSHボタンをクリック

ログイン出来たら、Apache2をインストールするため、以下のコマンドを打っていきます。

# リポジトリをアップデート
sudo apt-get update

# Apache2をインストール
sudo apt-get install -y apache2

# Apache2が起動しているか確認
ps aux | grep apache2

# 以下のような出力ならOK
root      1660  0.0  0.1   8428  4188 ?        Ss   08:32   0:00 /usr/sbin/apache2 -k start
www-data  1662  0.0  0.3 777092 13800 ?        Sl   08:32   0:00 /usr/sbin/apache2 -k start
www-data  1663  0.0  0.3 777092 13800 ?        Sl   08:32   0:00 /usr/sbin/apache2 -k start
student+  2046  0.0  0.0   4836   884 pts/0    S+   08:32   0:00 grep apache2
ワンポイント
Apacheが立ち上がるまで少し時間がかかる可能性があります。
psコマンドで1行しか表示されない場合は少し待ってからpsコマンドをもう一度打ちましょう。

Task4. サーバーのテスト

インスタンス一覧画面に戻り、作成したapacheインスタンスのExternal IPを確認します。

External IPを確認

そのURLにブラウザからアクセスして、以下の画面が表示されていればOKです。

Apacheのデモページ
ワンポイント
External IPをクリックしてしまうとHTTPSで接続しようとしてしまいます。
今回はHTTPアクセスでないとつながらないため、http://External IPとブラウザに入力してアクセスしましょう。

これで全タスク完了です。

完了!

お疲れさまでした!

このラボが含まれる、Cloud Architecture: Design, Implement, and Manageのクエスト解説は次の記事でまとめています。

良かったらそちらもご覧ください。

[Qwiklabs]Cloud Architecture: Design, Implement, and Manageの解説

2020年6月17日

PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。