猿ヶ京バンジージャンプで臨死体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ずっとやりたかったバンジージャンプを群馬県の猿ヶ京でしてきました。料金は1万円と高かったのですが、やると決めたらやらないとすまない性格なのと、時間が立つに連れて値段が変動するものでも無いと思い、やってきました。

PR

受付

山道
見落としそうな、かなり分かりにくい入口から坂を登って行くと受付がありました。

受付
受付は山小屋みたいな感じ。

橋
左手に見える橋から飛び降りるのかと思うとワクワクしてきます。

料金を支払った後、事故の補償などの説明をiPadで受け、体重を測ります。それが終わると手の甲に番号を書いてもらいます。
手の番号

いざ橋の上へ

外人さんのカタコト(半分英語)の注意や説明を受け、装備を身に付けます。
装備をつけて橋の上に行くと、予想以上に高い・・・。

高い

それでも、橋の上から見える景色はすごくきれいで、今から跳ぶということを忘れるほどうっとりしてしまいました。

自分の番になると、屈強で爽やかなお兄さんたち(半分は外国人でした)にテキパキと準備され、さぁジャンプ台へ。

いざ跳ぶぞ!となり、下を見ると、予想以上の恐怖が自分を襲いました。足がすくみ、後ずさりました。こんなの初めてです。

でも、ここまで来たらやらないという選択肢はない!思い切って飛び降りました。

両手を伸ばして
バンジージャンプ

PR

かがんで
バンジージャンプ

まっすぐ前へ
バンジージャンプ

跳び下りる!!!
バンジージャンプ

感想

跳んだ瞬間、全身の毛が逆立つような感覚になり、そこから半分(体感)くらい落ちるまで何も考えられませんでした。意識レベルが下がってたんじゃないかなと思います。

半分を過ぎた後は、気付いたら「うわぁーーーーー!!!!」って叫んでいて、頭の中がパニックになりました。(笑)無意識に叫んでいたのは人生初めてです。

次に気付くと、紐が伸びきってバウンドしました。身体が上がって下りてを繰り返すバウンドの時にも、内蔵が上がるあの寒気(ジェットコースターとかフリーフォールとかでなるアレ)があって、思っていた以上に怖かったです。怖いのは最初に落ちるときだけだと思っていたので意外でした。

正直、景色を楽しんでいる余裕はありませんでした。

終わった後もなかなか心拍数が下がらず、ずっとドキドキしたままで一日を過ごしました。すごく貴重な経験で面白かったけど、もういいかな・・・って感じです。

カメラマンさんが撮った写真を後から見せてもらえます。買うなら3000円だったかな?かなり綺麗な写真でもう少し安かったら買うのになぁ。跳び方のフォームがきれいで今日一番だと褒められました。お世辞だと思いますが。

個人的に二回目はいいやと思ったのですが、私の前にやった女性は「スカッとするね!ストレス溜まった時にはまた来たいかも!」と言っていたのでハマる人もいるみたいです。女性は強い。

PR

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。