Macにipコマンドをインストールする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

network

Macではipコマンドが使えない?

UbuntuやLinux系は基本的に最初からiptablesがインストールされているのでipコマンドが使えます。ipコマンドが使えないと個人的に気持ち悪いのでインストールしてみました。

インストール方法

HomeBrewが入っている場合

HomeBrewが入っていない場合

確認

インストール出来ているのかの確認をするためにipと打ってみましょう。

以上のように表示されれば成功です。

Macでそれぞれのインターフェースに何が当たっているか知る方法

en0, en1って何?

LinuxでのIPアドレスに少しでも慣れている人だとeth0がethernetだから有線でwlan0がWifiなんだろうという予想が出来るのですが、Macではこれらが何故かen0やen1になっています。それぞれのインターフェースに何が当たっているかのコマンドが有ったので紹介します。

これとip addrの対比をすることでどれがどのインターフェースに当たっているかを知ることが出来ます。

ipコマンドの簡単な使い方

これだけでは少し物足りないのでipコマンドの使い方を紹介します。

PR

ip addr

ip addrと入力することでIPアドレスの詳細を知ることが出来ます。ip aと省略することも出来ます。
IPアドレスの追加や削除、変更はこのコマンドから行うことが出来ます。ifconfigと対応しています。

ip route

ip routeと入力することでゲートウェイなどのルーティングの設定を見ることが出来ます。ip rと省略することも出来ます。
ルーティングの追加や削除、変更はこのコマンドから行うことが出来ます。routeと対応しています。

ip list

ip linkと入力することでリンクの状態を確認できます。ip lと省略することも出来ます。
リンクの追加や削除、変更はこのコマンドから行うことが出来ます。ifconfigと対応しています。

ip neigh

ip neighと入力することで隣接している端末の状態を確認できます。ip nと省略することも出来ます。
隣接情報の追加や削除、変更はこのコマンドから行うことが出来ます。arpと対応しています。

参考にしたサイト

brona/iproute2mac – github
ip command in Mac OS X terminal – StackExchange
RHEL7/CentOS7でipコマンドをマスター – めもめも

PR

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。