ドコモのパケットパック海外オプションを使ってみた

PR

こんにちは、こえじまです。

NTTドコモにはパケットパック海外オプションというものがあります。

海外でパケットが1時間200円〜の使い放題プランです。

実際に使ってみたので使い方をご紹介します。

渡航前にやること

スマホのバンド確認

使っているスマホのバンドが行く国で対応しているか事前に調べておきましょう。

下記のサイトで調べられます。

https://www.kimovil.com/en/frequency-checker

プランの申し込み

WORLD WINGとパケットパック海外オプションを申し込みましょう。

両プランとも月額料金はかかりません。

海外に行く可能性が出た時点でとりあえず申し込んでおきましょう。

アプリのダウンロード

パケットパック海外オプションアプリをダウンロードし、下記の画面が表示されるまで進めておきましょう。
「お申込み(無料)が必要なサービスです」と表示されているはずです。

プランの申込みが終わってないように見えますが、プランを申し込んだ後も表記は変わりません。

ドコモのサポートに電話して確認したところ、そういう仕様とのことでした。

実際のプラン申込みは現地に行ってからしか出来ません。

渡航後にやること

データローミングをオンにする

データローミングをオンにします。

データローミングの設定方法はドコモ公式サイトをご覧ください。

パケットパック海外オプション 機種ごとの利用開始方法

データローミングの設定が完了したら、以下のSMSが受信されるはずです。

利用開始ボタンを押す

パケットパック海外オプションアプリを開くと、以下の画面に変わっています。
申し込みたいプランの「利用開始」ボタンをタップしましょう。

今回は「62の国・地域限定5日間プラン」を申し込んでみました。

すぐに画面が切り替わり、利用中になりました。
利用開始ボタンを押すとすぐに開始されます。

画面を見ると分かる通り、残時間が表示されており、これが切れると使えなくなるようです。

また、同時にSMSも届きました。
利用開始になった後は問題なくインターネット接続出来ました。

iPhone8でテザリングもOKでした。

申し込み単位

申し込み単位は1時間、24時間、3日間、5日間、7日間しかありません。

「ドコモ海外利用」アプリ

2日間使いたい場合は、最初は1日で申し込み、切れてからもう1日申し込むという流れになるようです。

PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。