海外に行くならWi-Fiレンタルはするな!SIMを使って快適な海外ライフを

PR

こんにちは、こえじまです。

みなさん海外に行くとき、インターネット環境はどう手配していますか?

最初はモバイルルーターをレンタルし、Wi-Fiでつないでいたのですが、SIMを買ったほうが圧倒的に便利なことに途中で気付きました。

今回は海外SIMを買うことのメリットと注意点をご紹介します。

海外SIMって?

海外で使えるSIMです。

日本のドコモ、au、ソフトバンクやその他格安SIMは海外では使えないこともあります。(使えても割高なことが多いです。)

海外で現地キャリアの電波を使ってインターネット接続出来るようにするSIMのことを海外SIMと呼びます。

Amazonとかで簡単に買えます。

海外SIMのメリット

モバイルルーターをレンタルした時と比較した、海外SIMのメリットは、
  1. 充電する機器が増えない
  2. 起動が圧倒的に早い
  3. 速度が早い
  4. 安い
  5. あまり節約しなくても良い
  6. 返し忘れがない
  7. SIMを入れ替えるのでパケ死しない
それぞれ解説していきます。

充電する機器が増えない

これ地味に結構重要です。

モバイルルーターには電源変換タップが付属していることが多いので電源形状についてはあまり心配がありません。

しかし、ホテルの電源数が少ないことが結構あるため、そのうちの一つがモバイルルーターで埋まるのは割と辛いです。

起動が圧倒的に早い

今までいくつかモバイルルーターを使ってきましたが、モバイルルーターの起動時間は結構長めです。

モバイルルーターだと、
  1. モバイルルーター起動
  2. モバイルルーターがネットワークにつながる
  3. スマホがWi-Fiにつなげる
と3ステップですが、SIMだとスマホが起動すればつながるため、接続のストレスがほぼゼロです

速度が速い

体感ですが、モバイルルーターよりもSIMの方が速度が速い気がします。

気のせいかもしれません・・・。

安い

海外SIMの方が圧倒的に安いです。

試しにマレーシアでグローバルWi-Fiと以前私が使ったSIMを比較してみると、

海外SIM・・・8GB 3,300円/月
グローバルWi-Fi・・・4G(高速) 600MB/日 5日間で5,850 円

また、モバイルルーターレンタルはレンタル日から返却日までが利用期間になります。

そのため、アジア圏のように当日帰ってこれる国はまだ良いのですが、欧米など行き帰りだけで半日以上かかる国では実際に使うよりも1日分多く加算されたりするのが辛いところです。

通信量をあまり気にしなくてもよい

3週間〜1ヶ月以上の海外旅行/出張であれば別ですが、短期であれば基本的に通信量は気にしなくても問題ありません。

ホテルではWi-Fiを使えるところがほとんどですし、1週間で5GBとか使いませんよね?

通信量が足りなくなったらどうしよう…と思い、最初はケチケチ使ってました。

よくよく考えると、私の場合日本での契約が月3GBなので、普通以上に使っても問題ないということに気付き、それからは気にせずに使っています。(制限にかかったこともありません)

返し忘れがない

モバイルルーターは返却しないと、日割りで追加料金を取られますがSIMだとその心配はありません。

使い終わったらゴミ箱に捨てるだけです。

SIMを入れ替えるのでパケ死しない

モバイルルーターをレンタルして、Wi-Fiにつないでいるつもりがつながっていなかった…。

日本のキャリアの海外プランが適用されており、請求がすごいことになった…。

海外SIMだとそんなことにはなりません。

SIMを入れ替えるため、そもそも日本のキャリアにつながりようがありません。

デメリット

海外SIMは非常に便利ですが、いくつかデメリット(制約?)もあります。

SIMフリー端末が必要

スマホはSIMフリーじゃないとダメです。

最近は三大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)でも、SIMロックを解除してくれるそうなので調べてみてください。

SIM入替えが必要

普段と違うSIMを使うため、当然といえば当然なのですが、SIMの入れ替えが必要です。

海外にいる間、日本のSIMは大切に保管しておきましょう。小さいので無くしやすいです。

一回見つからなくてめちゃくちゃ焦りました。(その後カバンの奥からちゃんと見つかりました。)

無くすとキャリアにSIM再発行依頼が必要になります。

ローミング設定が必要

SIMによってはローミング設定が必要です。

スマホにより設定方法が異なりますが、買ったSIMの説明書に書いていることが多いので、その通りやれば大丈夫です。

バンドを気にする必要がある

iPhoneなど高いスマホであればあまり気にしなくても良いですが、5万円以下くらいのモデルだと、使用できるバンドが限られます。

例えばいま私が使っているHuawei p10 liteだとアジアモデルで、北米の電波を出力することが出来ません。

事前に下記のサイトで検索しておきましょう。
https://www.kimovil.com/en/frequency-checker

テザリングする場合、電池消費が激しくなる

複数台の端末をインターネットにつなぐならテザリングが必須です。

テザリングをする場合はいつも以上にスマホの電池が消費されるので気をつけましょう。

そもそもテザリングが出来ない海外SIMもあります。

事前登録が必要な場合もある

渡航前にメールアドレスやSIM番号などをWebで登録して、SIMのアクティベーション(有効化)が必要な場合があります。

その場合、SIMを買ったときの説明書に書いてあります。

今まで使ってきたSIM

今まで以下の海外SIMを使ってきましたが、どれも快適に使えました。

イタリア、スペイン、ドイツ、ベルギー

使用端末:iPhone10使用端末:Huawei P10 lite

マレーシア

使用端末:Huawei P10 lite

台湾

使用端末:iPhone10使用端末:Huawei P10 lite

PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください