うどん県に行って1日で5店舗めぐってきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

うどん脳

うどん県

うどんで有名な香川にうどんを食べるためだけに行ってきました。
神戸から明石海峡大橋を渡り、淡路島を素通りして鳴門海峡大橋を渡ります。徳島からは高松自動車道をずっと行くことで香川に着きました。平日だったこともあり、道がすいていたので2時間くらいでした。
水曜日だったので、須崎、長田 in 香の香はお休みです。ということで蒲生うどん、田村うどん、山越うどん、山下うどん、もり家の順で5軒はしごしてきました。

蒲生うどん

蒲生うどん外観
かけうどん冷(小)・・・150円
生卵・・・50円

蒲生うどん
まず最初は蒲生うどんに来ました。胃袋の限界を考えてサイズは小にしてますが、香川県の小はうどん1玉(200g程度)です。

感想

いりこダシがおいしいシンプルな味です。コシはあんまりありませんが、シンプルゆえに飽きなさそうな味です。
万人受けする味とも言えるでしょうか。

田村うどん

田村うどん外観

かけうどん冷(小)・・・200円
田村うどん

感想

醤油うどんで有名な田村に来ました。気さくそうなおっちゃんと気の強そうなおばちゃんの二人で経営されています。
コシは弱くはありませんが強くもありません。少し塩分多めなしょっぱめの麺が特徴的です。
醤油がちょっと甘くてとても美味しいです。

山越うどん

山越うどん外観

かまたまやま(小)・・・300円
鶏天・・・100円
山越うどん

PR

感想

昼時だったのもあり、唯一並んでいる店でした。
25人くらいが待っていましたが回転は速いようですぐに順番が回ってきました。メニューはこんな感じです。
山越うどんメニュー
温かいうどんにかけられた溶き卵がうどんの熱で少しずつ固まり、それが山芋と混ざり合って絶妙な味に仕上がっています。
これがたったの300円だと考えると何回も通いたいくらいです。鶏天は一口大よりも少し大きいくらいのサイズが2つで100円です。衣はサクサクで鶏の味がしっかりとします。
今まで食べた中で一番美味しいうどん屋でした。

山下うどん

山下うどん外観

冷やしぶっかけ冷(小)・・・280円
山下うどん

感想

ひやしぶっかけで有名な山下うどんです。ダシは濃いいりこダシで夏にピッタリです。
天かす(揚げ玉)には海苔が入っており、磯辺揚げの味がします。個人的にレモンは絞らないほうが好きです。
どうやら山下うどんはひやしぶっかけとおでんの牛すじで有名だったらしいのですが牛すじを食べ損ねたので次回は食べたいと思います!

もり家

もり家外観

かきあげおろしうどん・・・780円
もり家

感想

でっかいかき揚げの乗っているかきあげおろしうどんを頼みました。来てまず最初に思うのはかき揚げがとても大きいということです!かなり厚みのある重たいかき揚げです。
玉ねぎとカボチャが甘く、揚げたてから冷めてもサクサクの美味しいかき揚げでした。
うどんの方はコシが強く、少し甘目のダシです。シンプルですが大根おろしと生姜にしっかりと合っています。

全店の比較

最後のもり家以外はセルフ方式でした。
麺の量と冷か温を選んだ後、麺を受け取ってトッピングを選びます。トッピングを選んでお金を払って出汁やねぎ等を自分で取ります。
店内か外のベンチで食べ、食べ終わると返却口にどんぶりを返します。

もり家だけはテーブルで注文し、店員さんがうどんを持ってきてくれる方式でした。

個人的な感想ですがコシの強さは、

山越うどん > 山下うどん ≧ もり家 >> 田村うどん > 蒲生うどん

の順でした。

今回の個人的ベストうどんは山越うどんの「かまたまやま」です。
うどん県もとい香川県に行くときは是非食べてみてください!

PR

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。