安い!美味い!簡単!万能野菜スープの作り方!【男飯】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

食費の節約はしたいけれど、美味しいものは食べたい。そんな時は栄養たっぷりの万能野菜スープを圧力鍋で作りましょう。今回はこの万能野菜スープをトマト煮込みに変身させます。

PR

用意するもの

調理器具

  • 圧力鍋
  • 包丁
  • まな板
  • ピーラー
  • ガスコンロ

食材

  • 玉ねぎ
  • 人参
  • 鶏肉(豚肉でも良い)
  • カットトマト缶
  • コンソメ

じゃがいもを入れてもいいですが、入れると冷凍保存が出来なくなります。結構大量に作るので、冷凍保存するつもりなら注意。

作り方

野菜を切る

まずは野菜を切りましょう。

玉ねぎ

玉ねぎです。くし形切りにしています。なんとなく切れていればいいです。

人参

人参です。乱切りにしています。これもなんとなく切れていればいいです。

圧力鍋に放り込む

鍋に玉ねぎ

玉ねぎは圧力鍋の半分ちょっとになるくらいの量を入れます。今回は大きめの玉ねぎ3玉使いました。他にも野菜を入れるつもりなら、鍋半分弱くらいにしたほうがいいかもしれません。でも、たくさん入れたほうが美味しいのは間違いありません!

鍋に人参

人参を玉ねぎを覆うくらい入れます。今回は結構大きめのものを2本入れました。

鍋に鶏肉

鶏肉をさらにそれを覆うくらい入れます。大体もも肉1枚くらいを入れました。

鍋にコンソメ

コンソメを入れます。この量なら1個か2個。

鍋にカットトマト

カットトマト缶を放り込みます。

コンソメとトマト缶

今回入れたトマト缶とコンソメです。

酒

酒100cc、水150ccを入れます。コクを出すために酒をいれていますが、無ければ全部水でも大丈夫です。ぶっちゃけ分量もなんとなくで大丈夫です。言ってしまえば、玉ねぎと水が入っていれば大丈夫です。

火にかける

火にかける

圧力をかけます。今回は高圧に設定します。まずは強火にします。強火は鍋の底よりもほんの少しだけ大きいくらいの火力です。

強火

これくらいです。圧がかかりにくいので換気扇は付けないことをオススメします。

強火で熱していくとシューという音がしながら蒸気が出てきます。そして、突然シューという音が止まります。今回は蓋がきちんと閉まっていなかったため、重りが上がりませんでしたが、本来は10分程度で重りが上がります。この間に使った食器を洗っておくと、後が楽です。

重りが上がる

こんな感じで重りが上がれば次は弱火にします。弱火の強さは説明しにくいので以下の写真を見てください。

弱火

これくらいです。重りが上がってから弱火で6分程度温めます。もし、途中で重りが下がってしまった場合、ちょっとだけ火を強くしましょう。この時間で使った食器とかを洗っちゃえば効率よく進められますよ!6分程度経てば火を消し、重りが下がるのを待ちます。

PR

完成

完成

蓋を開けるとこんな感じです。

濃厚なスープ

見てくださいこのスープ!超濃厚な野菜スープが調理時間たったの30分(火にかけてる時間が半分くらいなので実質15分弱)で出来ます。コンソメの数や入れる水の量によっては味が薄いかと思いますので、お好みで塩コショウを入れましょう。

他のバリュエーション

ちなみにこの野菜スープ、トマト煮込みだけでなく、カレーやポトフにも変身します。ポトフにする場合は、トマト缶を入れずに圧を書けます。鶏肉ではなく、じゃがいもやウィンナー、生姜などを入れても美味しいと思います。カレーにする場合は、トマト缶を入れずに同様の手順で圧をかけ、最後にカレールーを溶かします。最後の味付けが違うぐらいで全部同じです。

さらにさらに(温泉卵)

せっかくなら温泉卵を作りましょう。今回はレンジで簡単に作ります。

卵

卵を耐熱皿に割り入れます。プラスチックの皿とかじゃなければ大丈夫です。

完成

水を30cc以上いれます。卵を覆うことが出来れば大丈夫です。

レンチン

卵が爆発しないように、黄身と白身を箸で1〜2回ずつ刺し、500Wで1分レンチンします。

完成

余分な水を切れば完成です!

まとめ

超濃厚な野菜スープをたった30分弱で作ることが出来ます。煮込み時間が長いので、実質調理時間は15分程度です。

温泉卵を乗せてリッチなごはんにしましょう!

今回使った圧力鍋はこれ!

値段の割にしっかり仕事してくれるし、大きさも手頃だしでめっちゃ便利ですよ!

PR

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。