めんどくさがりな一人暮らし学生のためのクレジットカード徹底活用術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

以前、家計簿2年分のデータを公開しました。

PR

このデータから、どうしても支出の中で大きな割合を占めているものは、食費、交際費、交通費の3つだということが分かります。

これらを節約することでより良い生活を送ることが出来ます。しかし、これらは全て生きていくうえでの必要経費であるため、減らすにも限度があります。

そこで今回は、この3つの支出を受け入れたうえで得をする方法を紹介したいと思います。私自身がめんどくさがりなので、計算したりとかごちゃごちゃした細かいことはしない方法の紹介です。

クレジットカードで支払う

その方法は簡単に言うと、クレジットカードで支払いをすることでポイントを貯めるということ。

学生はクレジットカードを使っている人が少ないのですが、こんなにお得で便利なものは無いのでぜひ作って活用しましょう。

オススメは楽天カード(メインカード)と交通系クレジットカードの2枚を持つことです。

メリット

ポイントが貯まる

クレジットカードで支払いをする一番のメリットは、ポイントが貯まるということです。カードによって還元率は異なりますが、後に述べる「楽天カード」を使えば、普段の買い物で1%のポイントが貯まります。

この1%のポイントがどれくらいのものなのかと言うと、単純に100円で1円キャッシュバックです。一回のキャッシュバックは少ないかもしれませんが、ちりも積もれば山となるということで、毎月3万円を楽天カードで支払いをすると、1年で3,600円のキャッシュバックとなります。キャンペーンなどが行われている場合はさらに貯まっていきます。

今まではクレジットカードで支払うことにどこか不安がありました。しかし、一括払いなら現金で払うのと何も変わりませんし、ポイントが貯まる分むしろ得です。これを機にガンガン使っていきましょう。

現金を持たなくても良くなる

今やカードで払えないところは多くありません。大抵のコンビニやスーパー、飲食店ではカードで支払いを済ませることが出来ます。

クレジットカードで支払いをすることが基本となると、現金をほとんど持たなくても良くなります。すると、小銭がジャラジャラと財布の中に入っているといったことは無くなり、すっきりします。

クレジットで買い物をするとサインをしないといけないんじゃないの?と疑問を持つ方もいると思います。昔は少額でもサインが必要でしたが、最近ではサインレスで買える店が増えています。コンビニやスーパーでサインを求められたことはありません。つまり、カードを出すだけで買い物が終わるというとても便利な仕様となっています。

安く買える

ネットでの買い物は、店側が人件費を削減出来るため、実店舗で買うよりも基本的に安くなります。客は店にわざわざ行かなくても買い物が出来る、店側は人件費を削減して商品を安くすることで新規客の流入を見込める、とどちらにもメリットのある商売なのです。

どのクレジットカードを作れば良いのか

クレジットカードを使うことの便利さは分かりました。では、どのクレジットカードを持てば良いのかということを次に書いていきます。

まず、クレジットカードは2枚持つことをオススメします。メイン用のカードと交通系のカードです。

メイン用のカード

メイン用のカード、つまり普段使い用のカードとしては「楽天カード」をオススメします。

楽天カードはこんな感じ。そこまで見た目は悪く無いと思います。


楽天カードのメリットは、

  • 年会費が無料
  • 楽天系の店で買い物をするとポイントが通常より多く貯まる
  • その他の店でも還元率1%

です。年会費が無料でかつ、還元率が1%ということは他のカードと比較してもかなりの好条件です。

他には還元率が高いカードはもちろんあります。そんな中でも楽天カードをオススメする理由は、

  • 発行から到着までが速い
  • 何円以上使えば得をするという計算が必要ない
  • 楽天市場に無いものはほとんどない

の3点です。

まず、発行にかかる時間で言うと、私の場合は火曜日の夜9時ごろに申し込みをして、金曜日の午後には届いていました。なんとたったの3日!!

次に、年会費が無料なため、何円以上使えばポイント分が得になるから、収支としてプラスになる。といった計算が不要です。逆に言うと、年会費が必要な場合は年会費分をポイントやサービスでカバーしないと割にあいません。

最後に、楽天市場は今や日本最大のネットショップであるため、無いものがほとんどありません。必要な物はほとんど全て揃います。その全てにおいてポイントで優遇されます。

楽天カードを作るのはこちらから!今ならカード発行後、1500円以上の買い物をすることでもれなく5000ポイントプレゼント!


楽天カードを作るなら、どこでも使えるようにVISAで作ることをオススメします。nanacoを使う人であればJCBの方が良いらしいんですが、自分はnanacoを使わないため把握しておりません。VISA、JCB、MasterCardを比較すると、全世界的に見てVISAが一番使用可能範囲が広いのでVISAが良いです。

注)楽天カード登録時に絶対にリボ払いにしないでください。ここだけは本当に良くないなと思うのですが、デフォルトではリボ払いになっているため、自分から解除しなければなりません。と言っても登録時にリボ払いの欄を登録しないように設定するだけです。

交通系

交通系クレジットカードとは、電車などの交通機関を利用するとポイントが貯まるカードです。

普段電車に乗るときはもちろん、定期券の支払い、キオスクなど駅の売店での買い物でもポイントが貯まります。

PR

なんと言っても便利なのは、オートチャージ機能です。首都圏の人であれば、SuicaかPasmoを持っていると思いますが、そのチャージをしなくても良くなります。登録した金額以下になると自動でチャージしてくれるため、チャージしてて電車を逃した!なんてことは無くなります。

私は東京都に住んでいるので首都圏に限った話になりますが、

  • JRユーザーならVIEW Suicaカード
  • 地下鉄ユーザーならソラチカカード

がポイントや、サービス面でオススメです!

「ビュー・スイカ」カード:ビューカード
ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB:キャンペーン情報|東京メトロ To Me CARD

ビュー・スイカカードの登録はハピタス経由がオススメです!詳しくは以下の記事参照。

どう使えばよいのか

具体的にポイントをどう稼いでいくのかを紹介します。基本的には使えるのであればどんなときでもクレジットカードを使うことです。

ネットショッピング

実店舗で安い店が近くにあれば別ですが、特にそういう店舗が無かったり、行くのが面倒であればネットショッピングで済ませてしまいましょう。クレジットカードを使うことでクリック数回で買い物を終わらせることが出来ます。

その時に意識して楽天系を使いましょう。主に使うことになるのは以下になります。

  • 楽天市場
  • 楽天ブックス
  • 楽天トラベル
  • 楽天ビューティ

ハピタスを使ってさらにポイントを稼ぎましょう!詳しくは以下の記事で!

食費

食費もカードで支払うようにしましょう。先程も述べたように、スーパーやコンビニ、飲食店の多くはクレジットカードに対応しています。しかも、その多くはサインレスで決済が出来るため、小銭を用意する必要がなくなり、スムーズに会計をすることが出来ます。

交際費

飲み代などの交際費は自ら幹事役を買ってでることで、みんなの分をまとめて払いましょう。そうすることで、ポイントをガッツリもらうことが出来るだけでなく、会計してくれてありがとう言われ、良いことずくめです。

大きな支払いをする場合は、カードの限度額に注意しましょう。せっかくまとめて払おうとしても、限度額を超えていると支払えません。

交通費

交通系カードを使うようにするだけです。VIEWカードであれば、JRのポイント、ソラチカカードではメトロのポイントが貯まりますが、他の路線だと使えないということはありません。普段使う路線用のカードを一枚作り、それで移動するようにすれば良いです。

2枚持ち、乗る路線によって使い分けるのが一番効率が良いのかもしれませんが、管理が面倒なのでそんなことはしません。

カードによってはマイルが貯まったりもするので、どの交通機関を使う時にポイントが貯まるのかは把握しておきましょう。

注意

カードを使う上でいくつか注意点があります。クレジットカードに慣れている人なら大丈夫ですが、初めて持つ人は確認しておきましょう。

使いすぎ

クレジットカードを日常で使うようになると、現金を使うことが減ります。そうすると、今いくら使っているかの感覚がつかみにくく、出費が増えがちです。今までクレジットカードを持ったことがない人は、決済時になって、「え!こんなに払ってたの!」と焦ることが多々あります。一気に請求が来るという性質上、仕方のないことなのでご利用は計画的に。

本当に得?

ポイントを狙って、他店よりポイント分以上に高いものを買うのは本末転倒です。実店舗でセールが行われていた場合はそちらのほうが安いことが多いです。大きな買い物であればあるほどちゃんと調べるようにしましょう。

楽天Edy

楽天カードにはEdy機能を付けることが出来ます。電子マネーであるEdyは便利な部分もあるのですが、同時に厄介なものでもあります。

Edyの場合、チャージに0.5%のポイント、支払いに0.5%のポイントが付きます。楽天カードで決済した場合、1%のポイントが付きます。そのため、Edyを使うと確かにポイントは二重取り出来るのですが、還元率は変わりません。

さらに、Edyで支払いをする場合、200円につき1ポイントが付き、半端分は捨てられます。カード決済の場合は月当たりの合算に対してポイントが付きます。例えば250円の買い物を月に4回すると、

  • Edy・・・チャージ5ポイント + 支払い4ポイント( = 200円×0.5%×4)
  • カード・・・10ポイント( = 1000円×1%)

となり、差が出てきます。つまりEdyの方が実質還元率としては低くなります。

ただし!Edyの方が得になる場合もあります。それは、Edyチャージのキャンペーンをやっているとき!Edyチャージのキャンペーンをやっている場合はEdyにチャージした方が得になる場合が多くなります。

まとめると、キャンペーンをやっていればEdyにチャージ、そうでなければカード決済がベストな選択です。

まとめ

抑えられない出費に対してはクレジットカードを使いましょう。

おすすめのクレジットカードは楽天カードと交通系カードです!

楽天カードを作るのはこちらから!今ならカード発行後、1500円以上の買い物をすることでもれなく5000ポイントプレゼント!


交通系カード
「ビュー・スイカ」カード:ビューカード
ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB:キャンペーン情報|東京メトロ To Me CARD

ビュー・スイカカードの登録はハピタス経由がオススメです!
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

PR

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。