Macを使い慣れた頃に知りたい、もっと便利に使うための10つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Mac
気づけばMacを買って4ヶ月。便利なツールや機能を模索し続け、ようやく最適化されつつあるので、今までに知ったものを紹介していきたいと思います。
今回は全部で10の機能やアプリを紹介します。

Alfred

今一番使っているランチャーです。
Spotlightよりも動作が高速なので、今では以下のことに主に使っています。

  • アプリ起動
  • アプリ移動
  • ファイルを開く
  • フォルダを開く
  • Macのスリープなどシステムコマンド


Automatorでのアプリ作成

これについては前に記事を書いているので、詳細は以下を御覧ください。

ちなみにChromeの最適化のため、以下のコマンドでGoogle Chrome(limited)というアプリを作っています。

Quick Look

Quick LookはFinder上でスペースキーを押すことで見れるOSXの機能です。
画像やテキストファイルなどで開くまでも無いファイルの中身をサクッと確認することが出来ます。


ファイル容量を確かめる

PCを使っているとどんどんとハードディスク容量を消費していきます。DiskWaveはどのファイル、フォルダがどの程度の容量を食っているのかどうかを簡単に調べることが出来るソフトです。


キーバインド

Macは標準カーソルにおいてもEmacsのキーバインドを使うことが出来ます。キー入力を速くするために、行頭、行末へ行くなどは覚えておくといいかもしれません。

PR

BetterTouchTool

トラックパッドをより自分好みにするために必須です。特にブラウジングが捗ります。

CheatSheet

ショートカットキーがどのように割り振られているかを⌘キー長押しで表示してくれるアプリです。初めて使うアプリのショートカットキーを一覧で見ることが出来ます。


ClipMenu

何箇所もコピペするのにいちいちウィンドウを切り替えてコピーしてペーストしてとするのは面倒です。それを一気にコピペ出来るようになります。
しかも、辞書登録も可能なのでよく使う定型句やパスワード(セキュリティ的にはよろしくないかもしれません)を保存することも出来ます。


appcleaner

Macの場合、アプリを削除するとなるとアプリケーションフォルダに入っている.appファイルを削除するという手段を取りますが、そうすると関連ファイルなどは削除されません。
そういうものを全部まとめて削除してくれるのがこのアプリです。


ブックマークレット

Macの機能やアプリではありませんが、ブラウザにスクリプトを仕込むことでブラウザの機能拡張を簡単にすることが出来ます。思ったより便利なので紹介します。

PR

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。