コピペで簡単!zshを使いこなすためのヒント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

.zshrc
以前percolを紹介しましたが、今回は自分が使っているzshの設定を紹介します。

zshって何?って人もターミナル生活が捗るのでとりあえず入れときましょう。
zshのインストールから始まり、.zshrc、プラグインの紹介をします。
エディタはとりあえずviを使いますが各自好きなものに読み替えてください。

zshのインストール

Macの人

Macであれば最初からzshがインストールされてますが、せっかくなので最新版をインストールしておきましょう。

/etc/shellsを編集しないと読み込まれないので、一番最後の行に/usr/local/bin/zshを追加します。

Ubuntuの人

/path/to/zsh部分は出力されたものに置き換えてください。

.zshrc

漢のzshにあるものを元に少し編集を加えています。

vcs_info

今いるgitのbranchを表示することが出来ます。gitで管理しているディレクトリに移動すると、ターミナルの右側に
(git)-[branch名]
と表示されます。

zmv

一括置換するのに便利です。

とか出来ます。
内部的には何度もmvしてるだけのようです。

antigen

zshのプラグイン管理スクリプト(後述)

PR

percol

percolについては以前の記事(ターミナル操作を爆速にするpercolのすゝめ)を御覧ください。

zshのプラグイン

zshのプラグインはたくさんあるのですが、そのほとんどを管理することが出来るantigenを導入します。
.zshrc.antigenに記述をすると、次回zshを起動した時に足りないプラグインを自動でインストールしてくれます。

zsh-syntax-highlighting

コマンドを色付けしてくれます。

黄色(下線) コマンド入力途中(候補有り)
赤色 コマンド入力途中(候補無し)
緑色 存在するコマンド
白色(下線) 存在するファイル
白色 存在しないファイルor存在するディレクトリ名

zsh-completions

gitやbrewのコマンドを補完してくれます。
サラッと書いてますがめちゃくちゃ便利です。
ちなみにこれをactiveにすると以下のコマンドは必要ありません。(なのでコメントアウトしています。)

ただし、zsh-completionsをactiveにするとzshの起動がかなり遅くなります。(体感1.5秒くらい)

Theme

zshのテーマを選ぶことが出来ます。「zsh theme」でググれば色々と出てくるので探してみてください。

PR

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。