pythonの開発環境

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
python-logo

pythonの開発環境を整える時に便利なものを紹介します。

virtualenv

virtualenvとは仮想開発環境のことです。pythonはバージョンによって必要なパッケージが違ったりするのでいちいちそれに合わせてインストールし直さなくてもいいように仮想開発環境というものが存在します。
これを使うと1台のパソコンの中にいくつもの環境を整えることが出来、とても便利ですよ。
virtualenvについて詳しくは今日のPythonに書かれていますのでそちらをご覧下さい。

使用方法

まずはvirtualenvのインストール

pip install virtualenv virtualenvwrapper

virtualenvwrapperはインストール必須ではありませんが色々便利な機能があるので一緒にインストールしておきましょう。
作りたい開発環境のディレクトリを以下ではpython_envとします。ディレクトリを作るところで移動した後、

PR

virtualenv –no-site-packages python_env

するとpython_envが作られます。このままだと実行状態でないので

source python_env/bin/activate
※開発環境に入っている場合下の画像のようになります(pythonと言うディレクトリを作成した場合)
(python)~/Dropbox/my_code/python
開発環境から抜ける(終了するときや他の環境に移りたい時など)は
deactivate
です。

で実行状態にしましょう。インストールされているモジュールを見るには

pip freeze
※初期状態では以下の画像のようになるはず(自分の環境だけかもしれませんが・・・)
pip freeze

他のモジュールをpipを使ってインストールしてみるとpip freezeによって増えていることが確認出来ると思います。

PR

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。