ubuntu12.04にVagrantをインストールする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

vagrant

VagrantをUbuntu12.04にインストールしようと思った時に予想以上に詰まったので備忘録としてのメモ。

環境は以下の通りです。

  • OS: elementaryOS(Luna) 64bit
  • rbenvインストール済み

Virtual Boxのインストール

Virtual Box Wikiを参考にインストール。

ソースリストの追加

今回はUbuntu12.04なのでDebian-based Linux distributionsを見ます。
Ubuntu12.04はpreciseなので/etc/apt/sources.listの最終行に以下を追加

※root権限が必要です。

鍵の登録

Oracleの公開鍵を取得します。

インストール

で起動するかどうかの確認をしてください。
以下のような画面が出れば成功です。

virtualbox

Vagrantのインストール

本体のインストール

VagrantのLINUX(DEB)64bitをダウンロード。今回は~/Downloadにvagrant_1.7.2_x86_64.debを保存しました。

boxのインストール

Vagrantは仮想マシンを立ち上げるものなので、その仮想マシンのOSが必要となります。そのOSのことをboxと呼んでいるようです。今回は2種類のboxをインストールしてみました。

PR

centos6.3 32bit

まず、http://www.vagrantbox.es/に行き、欲しいboxを選びます。
今回はVirtualBoxを使っているのでVirtualBoxと書かれているものの中で欲しいOSがあればURLをコピーし
vagrant box add {title} {url}
と入力します。{title}は好きにつけることが出来ます。今回はcentos6.3をインストールします。

vagrant upをするとsshの接続のセッションにおいてリトライを繰り返しますがそのまま放置しているとつながります。OSの起動時間を考慮せずに接続を試み続けていることが原因のようで、気になるならVagrant initで出来たVagrantfileの中にある

と書き換えましょう。するとvagrant upをした時にGUIも立ち上がるようになり、動きがわかります。ログインIDとPASSWORDはデフォルトではどちらもvagrantです。

vagrant upをした後にvagrant sshをすることで仮想マシンにssh接続することも出来ます。

centos6.5 64bit

centos6.3の場合と同様なのですがvagrant upするとエラーを吐きます。

どうやら64bit版を起動するにはBIOSでVirtualization TechnologyをEnableにしておかないといけないようです。
私が使っているhpのマシンでは起動時のhpの文字が出ているときにF10を押し、System Configurationの中のDevice ConfigurationsにあるVirtualization Technology(VTx)にチェックを入れることで64bit版も動作するようになりました。
詳しくは仮想化支援機構(VT-x/AMD-V)を有効化できませんをご覧ください。

PR

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。