レオン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あらすじ

クリーンマンと呼ばれている殺し屋トニーがあるところに住んでいると、隣に住んでいた一家が麻薬取締課に所属するスタンフィールドによって殺されてしまう。その生き残りマチルダはスタンフィールドへの復讐のためレオンと同棲することになる。マチルダとの生活の中で今まで無感情に生きてきたレオンに変化が訪れる・・・。

感想その他

人との付き合い

掃除人レオンがマチルダと生活をするにつれて次第に愛という感情を取り戻していくさまには心がうたれた。人との繋がり、人と愛しあうことは感情を豊かにし、生活をも豊かにするのだと改めて分かった。

強気

様々な場面でのマチルダの気の強さがすごかった。若干12歳にして18歳だと嘘をつきそれで通し続けたことだけでなく、一家が殺害されレオンに助けてもらった後に、暗殺術を教えて欲しいと頼んだ時の落とし文句が

PR

好意で助けたんでしょ?
今追い出したら助けなかったことと同じよ

殺し屋を目の前にしてこのようなことを言えるだろうか。最初は弟が殺されて気が触れたのかなと思っていたがどうやらそうではないらしい。物語の最初から最後までこのような感じでとても肝の座った女性だった。大人びすぎてるとも言えるほど冷静で頭が切れる。しかし子供っぽい一面もある。飛び跳ねてはしゃいでるシーンなんていかにもそうだった。大人と子供を合わせ持った素晴らしい演技だったと思う。

この映画を見て命の尊さについて改めて考えた。というのもスタンフィールドの

死の恐怖に直面した時に命の尊さが分かる

という言葉に共感したからだ。この言葉は逆に言うと、死の恐怖に直面して初めて命の尊さが分かる。となる。毎日を大切に生きているだろうか。死の恐怖を毎日考えて生きていたらおかしくなりそうだが、命の尊さを感じて生きていくこと、一日一日を無駄にしないことをはっきり意識して生きていく必要があると思った。

雑感

牛乳めっちゃ飲んどるw
スタンフィールドがいかにもな悪役で面白い!

PR

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。